003A.jpg

剝皮寮位於台北市的萬華區
背對的是台北市最老最大的老松國民小學
另外三面則是分別臨著"康定路""廣州街"與"昆明街"

Peeliao is located in Taipei City, Wanhua District
Back is the oldest and oldest old national school in Taipei
The other three are respectively facing the "Kangding Road" "Guangzhou Street" and "Kunming Street"

PeeliaoはWanhua District、Taipei Cityにあります。
台北にある最も古い古い国立学校です
他の3つは、それぞれ「康定路」「広州路」と「昆明路」に面しており、

001.jpg


檢視較大的地圖

原本的老街已被台北市政府規劃為老松國小的校地
因為當年的台北市教育局不重視老街的文化價值
就在半硬拆除中, 才被當地居民透過很多單位才搶救下現在僅存的部份
這個, 真的非常的令人痛心, 身為教育者, 竟然不懂文化的價值何在
而主掌文化古蹟的文化局也是該被記上一筆罪狀, 竟然放任古蹟被破壞
(這還不只剝皮寮老街, 我後面會在寫些文出來的)

這一篇從一開始, 我已經確定還會有後文的
身為一個在剝皮寮出生的人, 對於剝皮寮的感情, 絕對是夠深的
從小長大在這邊, 在這邊活動玩樂, 很多事, 雖然因年紀增長已漸淡
但是感情卻是越來越深

我必需先說明, 對於保留這片古蹟的政策我是100%的肯定的
但是, 對於保存方式與使用用途上, 我卻是很反對的
拍電影, 可以, 那很好, 但得復原
搞的半新不舊的, 只剩下一半的空洞外殼, 
深層內部的精神與歷史, 卻完全消失了

The original street has been planned by the Taipei municipal government for the old pine country school
Because the Taipei City Board of Education did not attach importance to the cultural value of the street
In the semi-hard demolition, was the local residents through many units to rescue the only remaining part
This, really very sad, as educators, even do not understand the value of culture
And the main cultural relics of the Cultural Bureau is also recorded in a crime, even laissez-faire destroyed
(This is not only stripping Liao Street, I will be behind some of the text out)

This one from the beginning, I have determined there will be later
As a person born in stripping Liao, for the feelings of stripping Liao, absolutely deep enough
Grew up in the side here, play activities here, a lot of things, although due to age has been gradually
But the feelings are getting deeper and deeper

I must first explain that I am 100% sure about the policy of retaining this monument
However, for the preservation of the use and use, I was very opposed
Make a movie, yes, that's fine, but get recovery
Engage in the new and not old, leaving only half of the empty shell,
Deep inside the spirit and history, but completely disappeared

元の通りは、台北市の古いパインカントリースクールのために計画されています
台北市教育委員会は通りの文化的価値を重視していなかったため
半強破壊では、唯一の残りの部分を救助するために多くのユニットを通じた地元住民があった
これは、本当に非常に悲しい、教育者として、文化の価値を理解していない
文化局の主な文化的遺物も犯罪に記録されており、放棄された自由裁判権
(これは、遼のストリートをストリッピングするだけではなく、私はテキストのいくつかの背後にある)

この最初のものから、私は後であることを決めた
遼寧省で生まれた人として、遼寧省の感情のために、絶対に十分深い
ここでは、年齢のために徐々になっているものの、ここでは、多くのものを、ここで活動を果たして、育った
しかし、その感情は深く深くなっています

私はまず、この記念碑を保持する方針について100%確信していることを説明しなければならない
しかし、使用と使用の保全のために、私は非常に反対しました
映画を作る、はい、それは問題ありませんが、回復します
空でない殻の半分しか残さずに、古いものではなく新しいものに取り込み、
精神と歴史の中で深く、しかし完全に消えた

 

001A.jpg

001B.jpg

001C.jpg

001D.jpg

過去去過日本旅行, 看過日本的老接保存方式, 完全打動我的心
集中了很多傳統將消失的產業進駐, 再加上一些新的日本文化產業
但整個就是很符合老街的味道, 這才是真的在保存老街文化
真的, 我們有必要好好的改進現在這種空殼保存文化的做法

所以, 在於"來去萬華"的這個分類下, 除了介紹萬華的老文化之美外
另外, 也會將不當的做法做些批判的, 
這一切, 只希望這個台北最早的發展起源地能真的好好的保有我們的歷史

Had traveled to Japan in the past, read the old way of saving Japan, completely touched my heart
Concentrated a lot of tradition will disappear in the industry stationed, coupled with some new Japanese cultural industries
But the whole is very consistent with the taste of the street, this is really in the preservation of street culture
Really, we need to improve the practice of preserving culture now

So, in the "come and go Wanhua" under this category, in addition to the introduction of the old culture of Wanhua
In addition, there will be improper practices to do some criticism,
All this, just hope that the earliest development of the origin of Taipei can really keep our history

過去に日本に行ったことがあって、日本を救う古い方法を読んで、私の心に完全に触れました
新しい日本の文化産業と相まって、多くの伝統が集中して産業界に消えてしまう
しかし、全体は通りの味と非常に一致している、これは実際に通りの文化の保全にある
本当に、私たちは今、文化を守る習慣を改善する必要があります

だから、このカテゴリーの下で "Wanhuaをやってきます"では、Wanhuaの古い文化の紹介に加えて
さらに、いくつかの批判をする不適切な慣行があり、
このすべては、台北の起源の最も初期の発展が本当に私たちの歴史を保つことができることを願っています

==============================================================

002.jpg
▲ 剝皮寮老街(現今的康定路173巷)歷史追溯起源
大約是在清朝中葉時期所形成的街道範圍
再於日治時期透過市區改正, 才形成今日的剝皮寮街區
其中, 透過圖片中的四個區塊發展, 其建築形式都不一樣
也正是證明當初的發展軌跡
這個, 就請各位到現場去發掘, 倒底各時期的建築有何不同

(2017年七月份, 有部份範圍因為整修不開放, 所以有些特別之處已經無法拍攝觀察)

Peel the streets of Liao Street (now today)
It is about the range of streets formed during the middle of the Qing Dynasty
And then through the urban areas during the Japanese correction, only the formation of today's stripping Liao block
Among them, through the picture of the four blocks of development, its architectural forms are not the same
It is also proof of the original development track
This, please ask you to the scene to explore, the end of the period of the building is different

(In July 2017, some of the scope because the renovation is not open, so some special places have been unable to shoot observation)

遼街の通りを剥がす(今は今日)
清朝中期に形成された通りの範囲です
そして、日本の修正中の都市部を通って、今日のストライピング遼ブロックの形成のみ
その中で、開発の4つのブロックの写真を通じて、その建築形態は同じではありません
オリジナルの開発コースの証です
これは、探索するシーンにあなたに尋ねてください、建物の期間の終わりは異なっています

(2017年7月、改装が開放されていないため一部の範囲があったため、一部の特別な場所では観測できなかった)

003.jpg
▲ 從康定路跟廣州街看剝皮寮, 老街之完整, 全台北獨見
幸好當年一直都有居民在此生活營業, 直到被徵收迫遷
所以這邊建物的完整度, 當年算是保存的相當良好
被迫遷時, 一些桌椅, 生活用品都還保留在內部, 本來是以為有機會保留成為類似博物館
但後來在圍籬施工後, 聽到當地居民跟我說的, 內部那些老古物, 全被二手古物商來搬走了
是不是被賤賣, 還是不重視古物, 想要丟棄就交給外來的商人任意帶走, 已不可知
但, 這是非常非常可惜的事, 如果保存下來, 更可以重現當初這邊的景象的

From Kangding Road with Guangzhou Street to see stripping Liao, the integrity of the street, the whole of Taiwan alone
Fortunately, there have been residents living in this business until the expropriation of forced eviction
So the integrity of the building here, then be saved quite well
Was forced to move, some tables and chairs, daily necessities are still retained in the internal, was thought to have the opportunity to retain a similar museum
But later in the fence after the construction, to hear the local residents told me that the old antiquities inside, all second-hand antiquity business to move away
Is not being sold, or do not attach importance to antiquities, want to be discarded to the foreign businessman to take away, is unknown
But it is very, very pity, if saved, but also can reproduce the original side of the scene

広州ストリートとKangding道路から、ストリートの完全性、唯一の台湾全体のストリップを見るために
幸いにも、住民は強制的な追放の収用までこの事業に住んでいます
だから、ここの建物の完全性は、その後、かなり救われます
移動するように強制された、いくつかのテーブルと椅子、日用品はまだ内部に保持され、同様の博物館を保持する機会を持っていると考えられていた
しかし、建設後のフェンスの後半に、地元住民が私に言った聞いて、内部の古い古代遺産、すべての中古古物商事業
売られていない、または古代を重視しない、外国のビジネスマンに捨てたい、知られていない
しかし、それは非常に残念ですが、保存されても、シーンの元の面を再現することができます


003A.jpg
▲ 這間是康定路與廣州街口的三角窗店面
現今是做為"萬華心願景"的使用空間
這如果上網Google, 是查不到任何過去的資料
但是對我來說, 印象可是深刻的不能再深了, 因為小時候的我, 最愛來這間店了
這家店就叫做"廣大昌", 但是小時候的我, 卻一直記成"廣達香"(就賣那個肉鬆的啦..)
店裡賣的很多是進口的糖果餅乾, 而老板又很喜歡我, 所以我只要來店裡, 就是有吃有拿
我記得我很愛吃那個日本進口, 彩色球狀的棒棒糖
有一次, 老板還給我吃一大塊瑞士進口的巧克力塊, 聽說是最頂級的
只是...小孩哪懂啊? 只知道那一塊一塊不怎麼平整的黑黑玩意, 又苦, 不好吃啊...
老板看著我一臉痛苦樣, 他倒是覺的好笑吧.....
只是, 他真的對我很好, 所以這間老屋, 我真的很愛(只是從來沒去過二樓看過)

This is Kangding Road and Guangzhou Street, the triangular window store
Today is as a "Wanhua heart vision" of the use of space
This is if the Internet Google, is not found any information in the past
But for me, but the impression can not deep deep, because a child of my favorite to this shop
This shop is called "the majority of Chang", but a child of me, but has been recorded as "wide up incense" (to sell that flossed friends ..)
Shop selling a lot of imported candy biscuits, and the boss and I like me, so I just want to come to the store,
I remember that I love to eat that Japanese imports, color ball lollipop
Once, the boss returned to me to eat a large piece of Swiss imports of chocolate blocks, I heard that the top
Just ... children understand ah? Only know that one piece is not very smooth black stuff, but also bitter, not delicious ah ...
The boss looked at me with a look of pain, and he'd felt funny.
But he is really good to me, so this old house, I really love (just never seen on the second floor)

これは、Kangding道路と広州ストリート、三角窓店です
今日は宇宙利用の「万華鏡」として
これは、インターネットのGoogleは、過去には何の情報も見つからない場合です
しかし、私のために、印象は深く深くすることはできません、この店に私のお気に入りの子供
この店は "チャンの大半"と呼ばれていますが、私の子供ですが、 "広く香"として記録されています。
輸入キャンディのビスケットをたくさん売っているショップ、そしてボスと私は私が好きなので、私はちょうど店に来てほしい、
私は日本の輸入品、カラーボールのロリポップ
一度、ボスがチョコレートブロックのスイスの輸入の大きな部分を食べるために私に戻って、私はトップが
ちょうど...子供たちはああ理解していますか?ただ一つの作品は非常に滑らかな黒いものではなく、苦い、おいしいああではないことを知っている...
ボスは痛みの表情で私を見て、彼は面白いと感じました。
しかし、彼は本当に私には良いので、この古い家は、私は本当に(2階で見たことがない)


004.jpg
▲ 現在<廣大昌>的正面口不再打開了, 改由康定路這店面進出

Now "wide Chang" positive mouth is no longer open, and changed from the Kangding Road, this store out

今、 "ワイドチャン"のポジティブな口は開かれておらず、Kangding Roadからこの店舗を変えた

005.jpg

▲ 內部介紹現今中正萬華區的復興計畫, 看來是有心
但是不是可以做的更好一點, 是真的很期待的
尤其萬華的古蹟真的是台北市最多最有價值的

The internal introduction of today's Chiang Kai-shek's revitalization plan, it seems to be determined
But it is not possible to do a little better, is really looking forward to
In particular, Wanhua's monuments are really the most valuable in Taipei

今日の蒋介石の活性化計画の内部導入は、決定されているようです
しかし、それは少し良いを行うことはできませんが、本当に楽しみにしています
特に、Wanhuaのモニュメントは本当に台北で最も貴重です。


007.jpg
▲ 裡面早是空蕩蕩, 看不出過往的樣子
不過樓梯並沒有圍起來, 問了一下工作人員可否上樓, 答我可以, 就上樓去看了
這是我第一次能上廣大昌的二樓看看, 自是興奮開心

Which is empty early, do not see the past look like
But the stairs and not surrounded, asked the staff can go upstairs, I can, went upstairs to see
This is the first time I can look at the broad second of Chang, naturally excited

早い段階で空いている、過去の様子は見えない
しかし、階段と囲まれていない、スタッフは階上に行くことができる、私は、上に行くことができる尋ねた
チャンの広大な秒を見ることができるのは初めてです。自然に興奮しています。


008.jpg
▲ 踩在這窄窄的階梯上, 心裡滿是興奮
從小住這邊, 小時候有機會進來看, 卻不敢上來走走
都年過50了, 才有機會再上來看看, 真的很興奮的
小時候的回憶, 又一點一點的冒了出來

Step on this narrow ladder, my heart full of excitement
From small to live here, a child have the opportunity to come to see, but did not dare to walk up
Have passed over 50, have the opportunity to come up to see, really very excited
A child's memories, and then little to take out

この狭いはしごに足を踏み入れ、興奮でいっぱいの私の心
小規模からここに住むことから、子供は見ることができる機会がありますが、歩き回ることはできません
50以上を過ぎた、本当に非常に興奮して、見に来る機会を持っている
子供の思い出、そして少しずつ出てくる


009.jpg
▲ 從二樓樓梯口往下看, 這樓梯空間真的很小
不過當年大家的房子都差不多是這樣, 窄小到不行的樓梯
想想那以前一些家具也是不小啊, 那倒底是怎樣的功夫才有辦法搬上樓??
還好也就只有兩層樓, 不然搬家工人會罵人吧???

From the second floor of the stairs down to see, this staircase space is really small
But then everyone's house is almost like this, narrow to not the stairs
Think about some of the furniture before is not a small ah, that is what kind of martial arts have the way to move upstairs ??
Fortunately, there are only two floors, or moving workers will curse it ???

階段の2階から見ると、この階段のスペースは本当に小さい
しかし、それから、みんなの家はこのようなもので、階段ではなく狭い
前にいくつかの家具のことを考えると、小さなアヘ、それはどのような武道の上階に移動する方法がありますか?
幸いなことに、床が2つしかない、または移動する労働者がそれを呪うだろうか???

010.jpg

011.jpg


▲ 好大的空間, 但過去是隔間的??還是本來就打通的, 可能要問問老居民了
磚造的柱子, 大概是怕撐不住未來的地震吧, 旁邊又加了大鐵柱支撐
而上方的屋樑, 也有鐵架支撐, 但還好是顏色沒接近, 所以不會太突兀
倒是柱子可以貼一下仿磚璧貼, 會更好一點

Good space, but the past is the compartment or the already open up, you may want to ask the old residents
Brick made of the pillars, probably afraid to support the future of the earthquake it, next to the addition of a large pillar support
And the top of the beam, there are iron frame support, but fortunately the color is not close, so not too abrupt
It touches the pillars can be affixed to imitation brick paste, will be better

良い空間ですが、過去にはコンパートメントや既に開いている、あなたは古い住民に尋ねることができます
ブリックは、おそらく震災の将来をサポートすることを恐れて、大きな柱のサポートの追加の柱で作られた
そして、梁の上部には、鉄フレームのサポートがありますが、幸いなことに色が近くにないので、あまりにも突然ではありません
それは模造レンガペーストに貼り付けることができる柱に触れ、より良くなります


012.jpg
▲ 看完了, 就往我家走去吧!!
這邊是面臨廣州街的店面, 其中, 我只記得門口有兩個半圓柱的店面
這是我第二間喜歡的店家, 是我老爸最常來的地方

After reading, go to my house!
Here is facing the Guangzhou Street store, which, I only remember the door has two semi-cylindrical store
This is my second favorite shop, is my father most often come to the place

読んだ後、私の家に行く!
ここで私は唯一のドアが2つの半円筒形の店を持って覚えている広州の通りの店に直面している
これは私の2番目にお気に入りの店です、私の父は最も頻繁に場所に来るのですか?


013.jpg
▲ 這間就是長壽茶室, 真的就是那種純給泡茶聊天的地方
老板就是叫"長壽仔", 老板娘叫"金枝"....我還記得老板人長的瘦瘦小小的
但是老板跟老板娘人都很好, 看到我也都會給我一點小點心
這地方是我老爸他們休息時聚會聊天的地方
木頭的方桌子(我印象中全是方方正正的厚重木桌), 還有長板凳跟小方板凳
那兩根橫在門口的半圓柱子, 是用來翻下一個小桌面的(我印象中是如此)
我老爸常常坐在左邊這張桌子, 跟著朋友聊天
桌子後面就是擺滿配茶用的零食餅乾(就是瓜子, 花生, 綠豆糕之類的)
當然櫃台也是這邊啦.........

This is the longevity tea room, really is the kind of pure tea chat to the place
The boss is called "longevity Aberdeen", the boss called "golden branch" .... I still remember the boss long thin
But the boss with the boss are very good, see I will give me a little snack
This place is where my dad comes and they chat
The square table of wood (my impression is full of square thick wooden table), as well as long bench with a small square bench
The two semicircular pillars at the door are used to turn down a small table (the impression is so)
My dad is often sitting on the left side of the table, chatting with friends
Behind the table is filled with tea with snack cookies (that is, melon seeds, peanuts, green bean cake and the like)
Of course, the counter is here ... ... ... ...

これは、長寿茶室です、実際に純粋なお茶の種類の場所にチャットです
ボスは "長寿アバディーン"、ボス "ゴールデンブランチ"と呼ばれています....私はまだボスを長く覚えている
しかし、上司と上司は非常に良いです、私は私に少しの軽食を与えることを見て
この場所は私の父が来てチャットする場所です
木製の正方形のテーブル(私の印象は四角い厚い木製のテーブルでいっぱいです)、小さなベンチ付きの長いベンチ
ドアの2つの半円の柱は、小さなテーブルを下ろすために使われます(印象はそうです)
私のお父さんはしばしばテーブルの左側に座って、友達とチャットします
テーブルの背後には、スナッククッキー(すなわち、メロンの種子、ピーナッツ、緑豆のケーキなど)でお茶がいっぱいです。
もちろん、カウンターはここに... ... ... ...


014.jpg
▲ 有時老爸也會坐在門外的柱子下
後來搬家後, 我還常常為了要吃這邊的零食, 走一兩公里的路過來
老街的人情味就是好, 就算沒找到我老爸, 還是會有認識的長輩餵食的啊..

Sometimes the dad will sit under the pillars of the door
Later, after moving, I often in order to eat the snacks here, take a mile or two of the way to come
Street is the human taste is good, even if not find my father, or will have knowledge of the elders feeding ah

時々、お父さんはドアの柱の下に座ります
後で、移動後、私はしばしばここでスナックを食べるために、来る方法のマイルまたは2を取る
私の父を見つけることができない場合でも、通りが人間の味は良いです、またはああを食べて長老の知識を持っています


015.jpg
▲ 旁邊的, 則是麵店(好像是長壽仔的兄弟), 但我只有印象在
似乎從來沒去吃過他們家的麵
這邊的店門, 我的印象裡, 都是這樣的店門, 一整片的
這邊與我家的建築不一樣, 是屬於日治時期的建築方式
所以看不見門外的橫樑外, 也沒有了上面的小閣樓可以上去玩

Next to it is a shop (like a longevity brother), but I only have the impression
Seems to have never eaten their own face
Here the shop door, my impression, are such a shop, a whole
This is not the same as my home building, is the day of the construction of the Japanese way
So can not see the outside of the beam, there is no above the small attic can go up to play

それの隣には(長寿の兄弟のような)店がありますが、私は印象があります
自分の顔を食べたことがないと思われる
ここでショップのドア、私の印象は、そのようなショップ、全体
これは私の家の建物と同じではなく、日本の道の建設の日です
ビームの外側を見ることができないので、小さな屋根裏部屋の上に遊びに行くことができます

0016.jpg

0017.jpg


▲ 這是我小時候最愛吃的最中餅, 長壽茶室的老板娘常會請我吃
小時候就這樣被養成超愛吃這種甜死人不償命的甜食
另外一種是綠豆糕, 一抓就碎了, 但我找不到圖片可以介紹

「最中」最早是平安時代皇宮內的御用點心
宮廷在中秋時都會舉行賞月宴會,並準備圓形的點心
詩者源順對著明月吟唱「水面明月影,中秋月正圓」
因而得名「最中」(もなか)
隨著時代改變,除了圓形之外也有櫻花等其他可愛形狀的最中餅

最中餅看起來其實有點像我們的紅豆餅,不過製作過程更加繁複費工
通常內含紅豆餡料,餅殼則由糯米做成
先將糯米碾成粉之後,蒸成麻糬狀,再用細火烘烤,完全不像外表看起來那麼簡單
販賣的時候有些店家會將餅殼會和餡料分開,以免餅殼被潤濕之後就失去香脆的口感

This is my childhood favorite most of the cake, longevity tea room boss often invited me to eat
When I was a child to be so super-love to eat this sweet dead man's sweat
The other is a green bean cake, a catch on the broken, but I can not find pictures can be introduced

"The most" is the first time in the palace of the palace of the Queen's Dim Sum
The court will be held in the Mid-Autumn Festival dinner party, and prepare a circular snack
Poet source Shun chanting the moon singing "water moon shadow, Mid-Autumn Festival is round"
Hence the name "the most" (も な か)
As the times change, there are cherry trees and other cute shapes other than circular

The most cake looks actually a bit like our red bean cake, but the production process more complicated work
Usually filled with red bean stuffing, pie shell made of glutinous rice
First glutinous rice crushed into powder, steamed into a hemp-like, and then fine baking, completely unlike the appearance looks so simple
When the sale of some stores will be the cake and fillings will be separated, so that the cake is wet after the loss of crisp taste

これは私の子供時代のお気に入りのケーキのほとんどは、長寿茶室のボスは、しばしば私を食べて招待
私はこの甘い死んだ男の汗を食べるためにとても愛される子供だったとき
もう一つは、緑豆のケーキ、壊れたのキャッチですが、私は写真が導入されて見つけることができない

「最も」は、女王の黙想の宮殿の宮殿で初めてのことです
裁判所は、中秋節ディナーパーティーで開催され、円形スナックを準備する
詩人のソースは、 "水の月の影を歌う月を詠唱俊、中秋節がラウンドです"
したがって、「最も」(もなか)という名前は、
時間が変わると、円形以外の桜や他のかわいい形があります

ほとんどのケーキは実際に私たちの赤豆のケーキのように少し見えるが、生産プロセスはより複雑な仕事
通常、赤豆の詰め物、もち米でできたパイの殻
最初のもち米が粉に粉砕され、麻のようなものに蒸した後、細かいベーキング、外観は全く違って見える
いくつかの店舗の販売は、ケーキと詰め物が分離されるので、ケーキは鮮明な味の損失後に濡れている

 


今天就先介紹到此, 後面還會有更多的介紹, 我會一一找時間來寫的
順帶一提: 剝皮寮老街的名稱演變(由早至今排列)

福皮寮街
北皮寮街
剝皮寮街
康定路173巷
剝皮寮老街

至於"剝皮寮"這個名稱有兩種說法, 一個是剝獸皮, 一個是剝樹皮
剝獸皮的說法, 找不到資料可以引用這個說法的正確或可能性
剝樹皮則是早期會從大陸運木頭到這邊集散, 剛好有清除樹皮的需要
所以, 這個剝皮寮的說法可能性就應該是正確了
但是, 我覺得也可能是口音上的改變, 因為各地人來此
口音上都不一樣, 所以慢慢的就從福皮寮被改成了剝皮寮, 也不無可能

至於這邊還有另一個講法, 叫做"土炭市"(台語念法要念"土炭市仔")
這個我小時候都是聽到大人這樣叫的, 是可以確定沒有錯的

Today introduced to this, there will be more after the introduction, I will find time to write one by one
Incidentally: the name of the stripping Liao Street (evolved from the earlier)

Fu Pi Liu Street
North Pei Street
Stripping Liao Street
Kangding Road 173 Lane
Stripped Liao Street

As for the "stripping La" the name of the two kinds of argument, one is stripping the skins, one is stripping bark
Stripping the skins of the argument, can not find the information can quote the correct or the possibility of this argument
Stripping bark is early from the mainland to transport the wood to the side of the distribution, just have the need to clear the bark
Therefore, the possibility of this stripping Liao said it should be correct
However, I think it may be the change on the accent, because people around here
The accent is not the same, so slowly from the Fu Pei Liu was changed to stripping Laosiao, it is not impossible

As for this side there is another argument, called "soil of the city" (Taiwanese language to read "soil charcoal city")
This time I was a child to hear adults like this, is sure to be wrong

今日はこれを紹介し、紹介の後にもっと多くのものがあります、私は一つ一つ書く時間を見つけるでしょう
ちなみに:ストライピング遼ストリートの名前(以前のものから進化したもの)

フー・ピー・リウ・ストリート
ノースペイストリート
ストライピング遼ストリート
康定路173車線
ストリート遼ストリート

引数の2つの種類の名前を "剥離ラ"については、1つは皮を剥いている、1つは皮を剥ぐです
引数のスキンを削除すると、情報がこの引数の正しいか可能性を示すことができない
樹皮を剥がすことは、木材を流通の側面に運ぶために本土から早く、ちょうど樹皮をクリアする必要があります
したがって、このストライピング遼の可能性は正しいと言いました
しかし、私はそれがアクセントの変化かもしれないと思います。
アクセントは同じではないので、ゆっくりとフーペイ劉からラオスオを取り除くために変更された、それは不可能ではありません

この側面に関しては、「都市の土壌」(台湾語で「土炭炭都市」を読む)と呼ばれる別の議論がある
今回私はこのような大人の声を聞いた子供だったが、間違っていると確信している

 

本文章透過Google翻譯系統翻譯
如果錯誤, 歡迎來信修正


This article is translated through the Google Translate system
If the error, please call the amendment

 

この記事はGoogleの翻訳システムで翻訳されています
エラーの場合は、改正案に電話してください

文章標籤
創作者介紹

Tony Chen 的生活筆記

Tony Chen 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()